mrm吃音改善プログラムの口コミと治療法

吃音

 

私は幼児の頃から吃音の傾向がありました。

 

言葉のはじめが詰まって言えないんです。

 

 

そのころ吃音という言葉も知りませんでしたし、
まさか自分が吃音だなんて思ってもいませんでした。

 

大人になって初めて吃音を知り、自分でも認めた次第です。

 

◆吃音を克服したいと思ったきっかけ

 

吃音とは何だろう、なんで吃音になってしまったのだろうと真剣に悩んだ時期もありました。

 

 

吃音の原因は何だったのか・・・

 

吃音の原因は児童の発達性のものと、後天的なもの(たとえば頭部外傷)があると言われてますが、

私の場合は後天的なものではない事は確かです。

 

 

 

吃音が発達障害だとは今でも思っていませんが、小学生の頃は落ち込んだ時もありました。

 

そのストレスでさらにどもりがひどくなったりして悪循環でした。

 

 

でも親はそのうち自然に治るだろうと安易に考えていたようです。

 

自分の子どもが悩んでいたことも知らずに呑気なもんです(笑)

 

吃音で悩む子供

 

 

でも吃音の有名人だって結構います。

 

それでもテレビに出たり活躍されたりしていますよね。

 

だからほっといたらそのうち治るだろうし、何の問題もないと思っていました。

 

 

 

ところが

 

中学生になっても治らない、

 

高校生になっても治らない、

 

で、とうとう治らないまま大人になってしまいました。

 

 

一生この問題と付き合っていかなければと、私も家族も諦めていました。

 

もう普通に会話する事が、想像すらできなくなっていたのかもしれません。

 

 

 

でも、見て見ぬふりをしている訳にいかない時期がやってきました。

 

 

就職活動です。面接です。

 

 

やはり面接で、吃音が大きな壁になりました。

 

もちろん吃音のほかにダメだった理由はたくさんあったと思いますが、
この時の私は吃音が原因だと思い込んでいました。

 

まず入室の「失礼いたします」の「し」が出ない。名前がでない。ことばにつっかえる。

 

吃音を隠すことに気を取られて、相手の聞きたいことは何か、自分が何を話したかったのか、分からなくなる・・・。

 

そんな面接を続けていました。

 

もちろん結果は全てアウトでした。

 

 

この時、私はどうしても吃音を克服したいと思うようになったんです。

 

病院が嫌いな私が選んだ克服法はmrm吃音改善プログラムです。

 

⇒【M.R.M】吃音(どもり)・改善プログラム

 

 

 

 

◆mrm吃音改善プログラムの口コミと治療法

 

mrm吃音改善プログラムを私が実践した体験談の口コミをお話しします。

 

mrm吃音改善プログラムは、1日20分と、1週間に1度2時間程度の時間があれば十分でした。

 

これを6週間を目標に取り組んでいきます。

 

誰にもバレずに、自宅で一人こっそり実践できるので続けやすかったです。

 

 

 

mrm吃音改善プログラムの治療法は、身体的な問題を治すものじゃなくて、自分自身の意識を変える方法です。

 

吃音が悪いものじゃなくて、「これが私の話し方なんだから別に気にしない」と思える意識です。

 

 

 

「吃音が悪で、どもる自分はダメな人間」と思ってしまう治療がダメなんです。

 

たとえば、メトロノームのように規則的なリズムにあわせて話す治療法がありますが、
一度やってみて下さい。自分自身の話し方ができますか?

 

もしくは、呼吸や舌の動きなどに集中して朗読する治療法もありますが、
これも意識しすぎて本来の自分自身の話し方にはなりません。

 

どっちも流暢に話せる自分を目指した治療法だから、今のどもる自分を善しとする治療じゃないんです。

 

 

このように、病院で行われている吃音治療法や、巷で言われている吃音訓練法は、
今の自分を善しとする治療か?という点で判断すると、ほとんどがダメな方法です。

 

 

 

良い治療法は、形だけではない心そのものに作用する治療法だと思います。

 

このような治療法の代表的なものが、mrm吃音改善プログラムです。

 

 

このmrm吃音改善プログラムは、私の中の吃音は治すべきものという認識をぶち壊してくれました。

 

6週間で、吃音が気にならなくなる感覚を手に入れることが出来たんです。

 

 

 

ずっと吃音で悩んでいた私にとって、はじめは吃音が気にならなくなる感覚なんて無理だと思っていました。

 

だいいち、どんな感覚か検討すらつきません。

 

 

この感覚を手に入れるには、頭の切り替えが必要でした。

 

360度、ぐるっと頭を切り替えるんです。

 

そのための“コツ”というものがあります。

 

 

この“コツ”さえ手に入れてしまえば、
吃音自体を全く意識ぜずに生活できるようになります。

 

 

決して難しい内容ではないんです。

 

毎日20分、ちゃんと実践すれば“コツ”は分かってきます。

 

 

私が思うには、開き直った方が早く“コツ”を掴む気がします。

 

私には無理!と開き直ったら、無理せずさっさと休みますよね。

 

休むと頭がリフレッシュされて、次の日スムーズに出来るんです。

 

早い人なら3週間で掴む人もいるそうです。

 

 

でも私はかなりしつこい性格なので、疲れても無理して続けてしまう。

 

すると頭がリフレッシュされずうまく進まない。

 

結局きっちり6週間かかりました(笑)

 

 

 

吃音は治すのではなく、打ち勝つのでもなく、吃音の方から勝手に去っていくのです。

 

本当にいつの間にか去っていきました。

 

 

すごいと思いません?

 

子供の時から今まで悩んでいたあの長い時間は何だったでしょう。

 

だいぶん遠回りをしてしまいました。

 

もっと早くこの吃音改善プログラムに出会えていれば・・と後悔しています。

 

 

もっと詳しい内容が公式サイトに載っています。
⇒【M.R.M】吃音(どもり)・改善プログラムの公式サイト

 

吃音改善

 

私はmrm吃音改善プログラムのおかげですごく楽になりました。

 

こんなにもお喋りが楽しいなんて知りませんでした。

 

mrm吃音改善プログラム(大人の克服)【M.R.M】吃音改善プログラムでどもり改善!mrmどもりの原因と治し方がわかる吃音改善プログラム吃音がmrm吃音改善プログラムで消えた吃音MRMの評判は?〜購入し実践〜中村しょうのどもりMRM吃音改善プログラム